こんなサインが出たら外壁塗装を行なったほうがいい

外壁塗装のタイミングがわからない!そんなときはひび割れなどを確認

こんなサインが出たら外壁塗装を行なったほうがいい

作業員

いつしたらいいの?

宇都宮や大阪で外壁塗装したくても、どのタイミングで行なえばいいのかと悩んでいる人もいるでしょう。確かに、何の知識もなければタイミングなんてわからなくて当たり前です。しかし、どんな状態になれば外壁塗装を行なえばいいのかと判断できる症状があります。この症状を知っておけば、依頼するタイミングを見計らいやすくなります。

最も分かりやすい症状

外壁塗装を行なうタイミングを知るのに最も分かりやすい症状は、ひび割れです。ひび割れは、外壁塗装に使用している塗料に限界がきている証拠になります。細かいひび割れから大きなひび割れまで出てくるので、外壁に見かけるようになったら外壁塗装を検討したほうがよいでしょう。まだ初期段階であれば、費用を抑えることができます。

白い粉が出てきたら…

外壁を触ったら手に白い粉のようなものがつくことがあります。これはチョーキング現象といって、塗料が劣化したことで粉状になり、浮き上がってきている状態です。チョーキング現象ででてきた粉は、人間の体にとって決して良いものではないので、早めに外壁塗装を行なうことをおすすめします。

外壁塗装のタイミングはとても重要!家を守るために押さえておきたい劣化のサイン

ひびや穴が空いている

外観はずっと雨風にされされているため、劣化が進みやすいです。そのため、すでにひび割れや陥没していることもあります。もし、そういった状態なら早めに直しておくことが必要なので、隙間を埋めるのと一緒に外壁塗装までして補強しましょう。

シミが出きてきた

外壁にシミが出てきたらその部分が劣化している証拠です。劣化している部分から雨などが家の中の素材まで侵入し、内装部分もどんどん劣化していきます。シミを発見したらすぐに外壁塗装を行ないましょう。

害虫被害が出てきた

シロアリなどの害虫被害がでできたときは、外壁に隙間ができている可能性があります。この場合、既に内装部分まで被害が拡大している可能性があるので業者に調べてもらったほうがよいでしょう。

薄汚れた感じになってきた

家の見た目が薄汚れてきた感じになってきたときも、外壁塗装を行なうタイミングと思っておいてよいでしょう。外壁は常に外気にさらされている状態なので「なんかくすんだ感じがするな…」と思ったら汚れがついている状態です。

苔が生えてきている

ふと、自宅の外観をみたとき、苔が生えて汚くなっているときがあるでしょう。こういった場合、特に問題ないと見逃しやすいですが、劣化が進んでいる証拠なので塗装の依頼をすることをおすすめします。

広告募集中